Windows10のハイブリッドスリープの使い方をお探しですね。

広告

Windows10のハイブリッドスリープの使い方

↓2件紹介します。
●Windows 10のハイブリッドスリープはオフにすることをおすすめしたい – orangeitems’s diary
https://www.orangeitems.com/entry/2018/11/11/003000

●電源オプション:スリープとハイブリッドスリープ、休止状態の違い – Windows10
https://www.billionwallet.com/goods/windows10/win10_sleep.html

ハイブリッドスリープはスリープと休止の両方取りのハイブリッドから来ているようです。メモリとハードディスクに復帰に必要なデータやプログラムを待機させるようです。上記の1番目の情報では16GBのメモリのマシンでは、逆に復帰に時間がかかるようになるとの事です。ハイブリッドスリープを導入するか検討している人は、試してみて使い物になるか検証が必要でしょう。

個人的にはシャットダウンを多用

私はパソコンを使い終わった時や作業を中断する時はシャットダウンをします。
スリープや休止状態にする事は無いです。
ノートパソコンでなくデスクトップパソコンを多く使う事も背景にありますが。
スリープや休止状態を使いたくなるような休みを取るときはロックをかけます。
スクリーンセーバーでロックをかける時もあります。
いろいろ時間を試したのですが5分ぐらいがちょうどいいみたいです。
ロックは[Windows]キーと[L]キーでかけられます。
癖で[Ctrl]キーと[Alt]キーと[Del]キーでロックをかけていたのですが、1回当たり数秒もったいないです。これも積もっていくと時間が無視できなくなってくるので、早く前者でできるようになりたいです。これも時間が解決するでしょう。

スリープや休止状態は起動に失敗する事が

昔少しだけスリープか休止状態を使った事もあったのですが、復帰に失敗する事がちょくちょくありました。自作パソコンだったので仕方が無かったのかもしれません。
ただ未だに新調したパソコンも自作なので昔、起動に失敗したことを思い出すとスリープや休止状態は使う事は無いです。

仕事でパソコンを使う人は事情があると思うが

仕事でパソコンを使う人は1分1秒が人件費に変わっていくので、スリープや休止で時短になるのであれば、使った方がいいでしょう。

広告